強制ロスカットとは

強制ロスカットとは、トレーダーの証拠金維持率がある数値より下回った場合に、利用者に通知せずに、取引業者によって強制的に保有ポジションの決済が行われるという措置のことです。

一般に、レバレッジが大きすぎると、損失がでた場合に、トレーダーが被る被害が大きくなります。

証拠金がなくなってしまうだけではなく、トレーダーが手を出せないような時期(たとえば週末など)になんらかの事件があり、相場が急変した場合には、強制ロスカットが行われて証拠金が吹っ飛ぶだけではなく、借金を作ってしまうというケースまであるのです。

このことは、本当のお金を使っていて、損害を被った場合には、家族や勤務先などに、迷惑を掛けてしまうかもしれない、大変な事態となります。

このため、FXデモトレードで強制ロスカットを体験しておきましょう。
証拠金以上の取引が可能なFX取引は、冷静にレバレッジをコントロールすること、トレーダーが感情的になりすぎないことが、大切になります。

実際にFXデモトレードを行ってみると、小さなレバレッジでは『もうけ』も少ないこと、しかし100倍といった大きなレバレッジでは、強制ロスカットが行われることが、わかってきます。

実際に100倍というレバレッジで取引できる外為業者が存在しますので、現実の取引を行う前に、デモ取引を体験してみましょう。




前のページへ戻る






Ya!リタゲ済み

a:2285 t:3 y:0