FXで初心者向けの取引数量・開始資金は?

FXでは1万通貨単位で取引をすることが基本です。
(最近は、1000通貨といった単位で取引ができる業者もあります)。

手数料やスワップなども、1万通貨単位でされているので、FX初心者は1万通貨単位での取引を基本的に考えると良いでしょう。
また、FXは「少額の元手で始められる取引」と言われていますが、少額すぎる元手で取引しようとすると、高いレバレッジをかける必要が出てきます。

米ドル1万通貨取引しようと思えば、日本円でおよそ100万円が必要となります。
1万円しか証拠金がなければ、100倍のレバレッジをかける必要が出てきます。
20万円の証拠金があるなら、5倍のレバレッジをかけることになります。

初心者はレバレッジを5倍まで、できれば2、3倍で運用することが推奨されますので、投資用の資金をそれなりに用意できたほうがいい、ということがわかります。

もちろん、米ドル以外の通貨には、もっと安価に買えるものもあります、しかし、安価で買える通貨は、初心者にはリスクが高く、流動性リスクも高いものが多いので、注意が必要です。

具体的に「いくら、何円」を用意すれば、FXで成功できるとはいえませんし、実際、投資家の中にも様々な額の準備資金で始めた人がいます。
ただ「少額過ぎる資金で、高いレバレッジをかけて運用するのは、リスクが高い」ということを押さえておきましょう。

FXで1000通貨で取引をする

FX会社のほとんどが、以前は最低取引単位が1万通貨でした。
しかし最近は、1000通貨から取引できるFX業者もあります。

FXに初めて挑戦する人は、1000通貨の少額からスタートするのも良い方法です。
FX初心者の間には、損失を出すこともあります。
1000通貨でスタートをしていれば、損失を出したとしても少額で済みます。

FX初心者にとって怖いのは、はじめのうちに大金を失ってしまった場合、二度と投資をしようとは思わなくなる、投資に戻るだけの資金が無くなる、という可能性が高いことです。

最初に1000通貨の取引からスタートすれば、損失を抑えられます。
また、1000通貨単位の取引であっても、1円のレート変動で1000円の利益になります。
これを毎日行えば、ちょっとしたお遣い稼ぎにはなります。

FXを行う最終的な目標というのは、儲けを出すことですから、利益を出せるスタイルを少額の取引で確立しておきましょう。

より多額の資金を使ってFXを行うようになってからも、投資スタイル・投資ルールを確立しておけば、慌てることはありません。
ただし、1万通貨での取引を行う場合には「1000通貨の延長」という気持ちだけではなく、少し気持ちを引き締めて「これからは損失を出した場合には、その額も大きくなる」ということを心に留めましょう。






Ya!リタゲ済み

a:2045 t:1 y:0