生方茂樹の株式個別銘柄配信『日本株シグナル配信』

画像の説明

日本株シグナル配信は、元大手運用会社に在籍していたプロのファンドマネジャー「生方茂樹」さんが、推奨銘柄を配信するサービスです。

生方茂樹さんは、日経マネーや株式新聞に掲載されたり、日経新聞などで、投資や経済に関するコラムを定期的に執筆されていますので、ご存知の方も多いと思いますが、ファンドマネジャー時代、日系マネー社主催の日本ベスト・オブ・ファンド投信部門で第2位に選ばれ、モーニングスターでも4つ星の評価をいただいたほどの人物です。

そんな経歴を持つ生方茂樹さんが、株式個別銘柄を配信してくれるサービスになります。

2013年5月にサービスを開始して以降、月ベースで一度も負けたことがないという実績で、通算成績 62勝4敗、勝率94% PF14.66 という素晴らしい実配信記録を残しています。

ちなみに、PFとは、プロフィット・ファクターの略で、純利益と純損失を比較した数値です。
通常では「3」程度ですので、損失の「3倍の利益」が出たことになります。
それに比べて「14.66」は、損失の「12倍以上の利益」が出ていることになります。

この数字を見ると驚くどころか逆に信用出来ないと思われるかもしれませんが、過去の配信実績と生方さんの経歴などをご覧いただければ、全て本当の数字であることがお分かりいただけると思います。

すぐに信じられなくても、20日間の無料期間がありますので、参考程度に配信を見てみるだけでもいいと思います。

実績・経歴共に公式サイトに掲載されています。


日本株シグナル配信のロジックと概要

実績の詳細は、HPに記載してありますが、
<どうしてこのような成績を上げられるのか>
そのロジックの一部をお話しします。

一般的な助言会社の株式配信は、
ほとんどチャートなどのテクニカルを中心で銘柄の推奨をしています。
しかし、推奨した株式が今回のような上海ショックで急落したら、ロスカットするしかありません。
このため、チャート分析だけでは、市場に勝てません。

このテクニカルの分析に、企業の業績予想、成長性、日米の金融政策などの主要なファンダメンタルズ分析を加えて、銘柄を決めれば(大手証券のアナリストの情報を活用する)成長性のある優良銘柄を選定できて、たとえその銘柄が下落しても、買い下がりして、その後、上昇した時に利益を確定できます。
これが、94%勝つことがきる理由です。

生方茂樹さんの経歴

東洋証券系経済研究所にて電気セクターなどの証券アナリスト業務に約10年ほど携わり、
その後、スミセイ、グローバル投信、三井住友アセットマネジメント等に在籍し、
プロのファンドマネージャーとして10年以上の運用キャリアがあります。

当時は、日本株バリュー型ファンド、内外バランス型ファンドを担当し、
ピーク時の総ファンド運用資産は、約250億円以上のアセットを運用した実績もあります。

さらに、その当時の彼の運用するファンドが、日系マネー社主催の日本ベスト・オブ・ファンド投信部門で第2位に選ばれ、
モーニングスターでも4つ星の評価をいただいたほどです。

その他、日経マネーや株式新聞に掲載されたり、日経新聞やその他の様々な新聞で、投資や経済に関するコラムを定期的に執筆。
また、出版、セミナー講師なども努めています。


通算成績62勝4敗の負けない結果の詳細は、公式ページにあります。

すぐに信じられない場合は、すぐに配信通りに売買をしなくても、20日間は無料体験ができますので、リスクありません。
体験してみて勝てるようならそのまま続ければいいですし、自分には合っていないと感じたら、解約すればいいだけなので、とりあえず無料体験に参加してみてはいかがでしょう。

日本株シグナル配信公式へ






a:644 t:1 y:0

Ya!リタゲ済み